底辺嫌儲民の日常

底辺嫌儲民のあがく様を見よ!

アニメの生死をかけた戦いが現実と剥離しすぎて辛い

はい、変な時間に夕寝(?)して眠気こないおっさんです。

おっさんになって「金を稼がないといけない」「生活をちゃんとしないといけない」って中でアニメ見ると、10代の少年が「世界を救うために戦っている」。

 

もうね〜なんつーかね〜、違いすぎでしょ。

一つの物語として楽しめないっつーか、おっさんのために作られたエンターテイメントじゃないっすよね。

そう考えると「すべての創作物は子供のためにある」ような気がするんですよね。

 

そんなワイは今日の夕方まで鬱々とした気分でいたのが、ドトールでハニーハムサンド(?)食ってケンタッキーでチキン食ったら急に元気出てきて、食事って大事だなと思いました。