底辺嫌儲民の日常

底辺嫌儲民のあがく様を見よ!

今更ながら「ゼロの使い魔1巻」を読んでみた

はい、色々思うところがあり小説を読んでいるおっさんです。

図書館サマサマですね。

 

ゼロの使い魔」は名前だけ知っている作品でした(2004年はたぶん廃人になってた時期なのでリアルタイムで追いかけてない)。

ゴクドーくん漫遊記」やら「魔術士オーフェンはぐれ旅」なんかは集めてたんですけどね。

 

さてさて読んでみた感想ですが・・・。「こら売れるはずだわ」です。

後出しジャンケンですけどアニメ化になって大ヒットするのがわかりますね。

異世界召喚モノとしての王道ストーリーでスラスラ読めます。

なろう系異世界転生モノの源流にもなってそうですね(始祖はたぶんいいすぎ、異世界召喚・転生はわりとありがちネタ)。

 

なろう系を馬鹿にするわけじゃありませんが、なろうは「あまりにお粗末な文章」が多いのに比べてプロが出版されるために書いた実力の作品だと感じます。

ライトノベルだから目くそ鼻くそだろ」という意見も聞こえてきそうですが、結構違いがあるんですよ(錯覚といわれればそうかもしれませんが)。

 

まあ、なろうでも書籍化されて読者にうけて売れてる作品はいくらでもありますから、個人的な感想の「お粗末な文章」なんてどうでもいいのかもしれませんね。売れれば正義です。

 

底辺は自分が売れた妄想するだけで執筆することは無いのであった。